月別アーカイブ: 2016年5月

運輸EXPO2016出展記。IT点呼システム…

5月25日から27日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「運輸・交通システムEXPO2016」に出展者側として参加しました。

このイベントは、大手の巨大ロジスティックカンパニーから、社長もドライバーを兼ねるような中小零細事業者まで、広大な産業ピラミッドを形成している運輸および交通関係の事業者向けに、システム化や効率化の仕組みを紹介する催しです。毎年この時期に開催されています。

2年前に「ギャラリー側」で参加したことはありますが、出展社として関わるのは初めてのことです。

業界こそ違うものの弊社も立派な中小零細ですので、設営費を含めると100万円近くかかる費用をすべて自前で、というわけにはいきません。今回は、いくつかのシステムを受託開発している地元の有力な運輸事業者さんとの共同展示と言うことに合いなりました。

expo1expo2expo3expo4

 

 

 

展示出展したものは、下記の2つ弊社開発商品です。

  1. 運行指令もできるIT点呼システム ⇒商品概要はこちらにあります
  2. 簡単操作の健康指導システム ⇒商品概要はこちらにあります

「1」は安全運行の鍵となる「点呼」を対面と遠隔で行うタブレットシステム、「2」はドライバーの健康起因事故を防ぐための保健師による遠隔健康指導をサポートするシステムです。

結果、3日間で200名近くの来場者と名刺交換し、雑談を含め様々な情報交換をさせていただきました。

手応えは、かなりGood!と感じていますが、見込み客にこれから1社1社ローラーをかけていく活動が控えているので、本番はこれからといったところです。

ラムちゃんもいました。

ラムちゃんもいました。

【緩和休題】

今回、3日間高崎から通ってもよかったのですが、あえて都内に2泊することにしました。

今はインバウンド効果もあり、都内や有名観光地の宿泊先確保が難しい状況にあります。
今回の宿確保に役に立ったのは「ブッキングドットコム」というサイトですが、不思議なことにこのサイトには通常の予約サイトには載っていない珍しい物件がたくさん掲載されています。

ほんの1週間前に仙台の宿泊先を探したときに、他の予約サイトで探してもどこも満員状態だったのですが、このサイトから「サービスもお値段もほどほどという掘り出し物」が見つかりました。

その気があれば、これから本格化するかもしれない「民泊」にチャレンジもできるのですが、今回はブッキングドットコムで見つかった東日本橋にある「基本セルフ、しかし激安系」のホテル奉仕会館という珍しい宿を使いました。

激安も激安! 何と、2泊で税込9,400円也!

アPAとか、Rートインとか、ト▽ヨコとか、どこにでもある画一的なホテルに泊まってみても面白みがないですからね!

英語はもちろん、中国語、ハングルが飛び交う中々味わいのあるホテルでした。

お久のブログ!29日の日本ダービーのこと。

数カ月ぶりのブログ。

長い文章を書かなくなると、何となく人を納得させるための論理展開そのものも下手になっていくような気がしてならない。
ここ数カ月は、パワーポイントで箇条書き文ばかり書いていたような気がする。

さてお久のブログも競馬のこと。29日に東京競馬場で行われる「第83回 日本ダービー」のことを書きたい。

最近の日本競馬はディープインパクトの子供が、圧倒的に強い。クラシックレースも古馬の重賞戦線も上位を独占することが多い。

従って、ディープ産駒のボックスを買っておけば的中しやすいことは確か。

しかし、「それじゃつまらないじゃないか!」というのが、小生の基本スタンス!

今年のダービーで「三強」と言われる皐月賞上位組三頭は、なんと全部ディープの子供!!!
さすがと言うか何というか!中央競馬会がディープに「日本競馬界の至宝」と最大級の賛辞を贈るのももっともなことだ!

しかし、再び言いたい。

「それじゃ面白くない!」というのが、へそ曲がりの基本スタンス。

エアスピネル(キングカメハメハ×エアメサイア)

今年のダービーは、武豊のエアスピネルを狙う!

第一の理由は、父が非ディープと言うこと。
第二の理由は、過去皐月賞4着馬がダービーで激走するケースをこれまで何度も見てきていること(闘将・柴田政人悲願のダービー馬・ウィニングチケットなど)。
そして何よりも強調したい第三の理由は、今年の皐月賞で見せた武豊渾身の騎乗振りである。

ルメール、デムーロなどの外国人騎手と地方出身・戸崎圭太の陰に隠れ、ここのところの武豊にはかつての精彩がないことは確か。

「ボクちゃんもうほとんどやるべきことやったし、もうあまりガツガツやらないからね!」と言う感じのおとなしい騎乗が多かったように感じている。その結果、馬の能力が突出しているケースはきちんと勝つけど、騎乗のうまさで「馬を勝たせる」ケースはほとんどないように思っていた。

ところが、繰り上がり4着とはいえ皐月賞の武豊から、久しぶりに鬼気迫るものを感じた。
武豊が本気で勝ちに行く時の「凄み」「オーラ」のようなものを感じたのだ!

皐月賞を見たほとんどの人は、ディーマジェスティの激走とマカヒキの末脚の鋭さ、サトノダイヤモンドの安定した走りに注目しているハズ。

しかし小生は、皐月賞でエアスピネルを4着にもってきた武豊のダービーでの逆襲にかけたい。

馬券は、エアスピネルからマカヒキ、スマートオーディンが本線。父親でいえば、キングカメハメハからディープインパクト、ダノンシャンティとなる。

他のディープ産駒は、3着候補としておこう。
蛯名はディーマジェスティではなく、ダービー後の目黒記念・マリアライトが勝負馬だ!

府中の長い直線で、切れ味は劣ってもスタミナと息の長い末脚でゴールを駆け抜けるエアスピネルが見える!(爆笑)