「人柄が信用できない」といわれ、それでも我が道を行く安倍首相。


「個別の世論調査の結果に一喜一憂しない」…いつの時代でも内閣官房長官が会見で使う常とう台詞だ。
 
確かに内閣を「支持しない」が「支持する」を上回ったところで、面の皮の厚い連中にはまさに「カエルの面に何とか」なのだろう。
 
全てを確かめたわけではないが、ほとんどの調査で安倍内閣を支持しない理由の第一に「人柄が信用できないから」がきて、「他に適任がいない」「政策に期待ができない」が続く。
 
今の時代、ほとんどの政策は官僚様が作り「政治のリーダーシップ」は幻想なのだから、政策立案能力を政治家たちに期待しているわけではない。
しかし、せめて人柄、人間性くらいは範となる期待を国民は持っているが、安倍首相にはそれさえ期待できない、と多くの人は感じている。それが多くの世論調査結果の背景にはあるのだろう。
 
コロナのどさくさに紛れ、検察介入という身内びいきの自己防衛政策をごり押ししようとしている安倍内閣は、事ここに及んで「検察人事はもともと法務省の提案だ」という新説(言い訳)を弄し始めている。
 
結局のところ件の法案は今国会でのごり押しは無理、という政治判断に至ったが、「法務省の提案」説は、またもや忖度好きのお友達・取り巻きから吹き込まれた嘘八百なのだろう。
 
【検察がまともなら安倍さんはすでに3度逮捕されている】という夕刊紙の見出しを、あながち東スポ的な針小棒大妄想とは否定できない心持になってしまった。
 
「人柄が信用できない」などと言われたら、私ならショックで寝込むだろう。その意味では、安部さんは大したものである。

【ご相談・お見積もり無料】お気軽にご相談ください!
株式会社フェアマインドではFileMakerを活用した各種業務を手がけています。
  • 業務系システム開発
  • iPhone/iPad向けアプリ開発
  • 基幹系システムと連動したサブシステム開発
  • 業務改善ITコンサルティング