月別アーカイブ: 2012年2月

久しぶりの東京で念願のThe Peaceをゲット!

久しぶりに仕事で東京へ。行先は東京オペラシティ。

京王新線で一駅の初台までなんて電車に乗る気になれないので、新宿からテクテク歩く。
Apple Computer Japan主催のイベントに参加し、5時過ぎに終了。

帰りも新宿まで歩く。途中に手ごろなタバコ屋があったので、Peaceの新製品(The Peace)を買おうとしたがあいにく売り切れとのこと。
店主曰く、1000円という値段でも結構評判がよく、あっというまに売り切れてしまうとのこと。

写真どりが拙いがけっこうお洒落な缶入り

このThe Peaceというタバコ、高崎で売っている店は柳川町に1つあるだけ。
コンビニなどには一切置いていない。
柳川町の店に電話してみたら、「売り切れているかもしれないので買いに来るときは必ず電話で在庫を確認してからにしてくださいね」といわれてしまった。

新宿西口をうろうろし、結局とあるタバコ店で発見し早速購入。
在庫があることで店主は少し誇らしげな態度だった(ような気がした)。
新宿の街中で開封せず、高崎に戻ってから喫ってみた。
Peace本来の香りを楽しみたいからと思い、喫う前に歯を磨いてみたりして。

高校に入ってからタバコを喫い始めかれこれ40年。
途中Short Hopeに浮気していた時期はあるが、一貫してPeaceブランドを愛好してきた。
最近ではPeace Super Liteなどという形容矛盾のブランドを喫っている。

特製缶入りのThe Peaceを開封し火をつける前に香りを確かめてみると、何ともまあ上品ないい香りがする。
ワクワクしながら火をつけてみると、期待を裏切らない味わいで素直に「うまい」と実感。

本数を半分にしてでもこれからはThe Peaceにしよう、などと本気で思ってしまう。

それにしても、1000円のタバコでいったいいくらの税金を払うことになるのか?
源泉徴収票でも出してほしいものだ!

でもうまい!