月別アーカイブ: 2011年7月

「未開の地」でググると群馬の情報ばっかり…

最近知ったのだが、「未開の地」でググると、群馬やGUNMAに関する情報が真っ先に検索されるらしい。

試してみると、確かに1ページ目はほとんどGUNMAや群馬についてのページだった。

ネット上であれこれ書き込まれているうちに、「未開の地・群馬」の検索スコアが自然に高くなってしまった結果なのだろうか。
「未開の地」住人の小生にとって、特にこれといった感慨はない。
ただ、首都圏に比較的近く、都会志向で頑張っていてもどこか洗練されない群馬や群馬県人は、手ごろなジョークの対象になりやすいということだろう。

U字工事とかいう自虐ねたの漫才も、栃木と茨城の対決をあおるが群馬のことはめったに話題にしてくれないし、今や地域ブランド力が47都道府県でワースト1になってしまった群馬であるが、最近「ディスティネーションキャンペーン」という観光キャンペーンに力を入れている。

もしかしたら、「未開の地」群馬作戦は県庁あたりで暇をもてあました職員による検索サイトSEO大作戦の成果だったりして?

そんなことはないか!?

盛り上がりのない選挙で再選され、最近公邸女性お泊り問題で批判されている大沢知事は「未開の地は発展可能性が高いという意味でいいことだ」などとピントのずれた反応をしている。
小渕優子嬢などは、「群馬でアフリカ気分を味わえる」など、これまた趣旨のわからない話をしている。

あえてこんなコメントをする馬鹿な人がいるから、ますます「未開の地」をからかうのが面白いと思われてしまうのだ。

原田芳雄が死ぬなんてね…!?

原田芳雄の訃報が報じられた。

圧倒的な存在感の俳優だった。
その昔、室田日出男とか原田芳雄とか、この系統の男たちにあこがれたこともあったっけ!
無いものねだりのアウトロー志向。

今はイケメンじゃなけりゃ男じゃなし、というような風潮で、タフな野獣系(?)の個性派俳優が少なくなっているような気がする。
TVニュースでは、「プカプカ」を流してブルースシンガーの側面を紹介しているが、小生にとって歌手としての原田芳雄なら「愛情砂漠」という感じ。

合掌

なでしこスウェーデン撃破!頂点まであと一歩!

またまたやってくれました!なでしこスウェーデンを3:1で撃破!

「もっとこの人を使ったらいいのに」と前から思っていた川澄さんが、ノビノビと活躍してくれました。
もしかしたら、ベスト4まで秘密兵器として温存していたのかも?

決勝は宿敵アメリカとの戦い。
「トモダチ作戦」で世話になったけど、思い切りなでしこを応援します。

「うるさい!」と横で寝ている娘にののしられながらも!

やったね!なでしこ!

夜中の2時過ぎに起きて、サッカーWC女子を見た。

やったね!なでしこ!
WC三連覇を狙う開催国ドイツを撃破!
圧倒的なアウェーの雰囲気の中での120分間の激闘でくたくたになりながらも、ワンチャンスを確実に決めてくれました。

サッカーのようなスポーツでは、狩猟民族に農耕民が勝つことは難しい、などと予断を持ってみていたのですが、うれしい誤算となりました。

もっとも、狩猟民族といっても女性が狩りに出かけることは無かったのかもしれませんが。

それにしてもドイツの女性は、皆「天空の城ラピュタ」の出てくる海賊のおばさんのように見えて仕方ありませんでした。

準決勝はスウェーデンとオーストラリアとの勝者との戦い。
またまた高さとパワープレイとのせめぎ合いになりそうですが、農耕民の意地をまた見せて欲しいものです。

深夜でも頑張って応援します。