月別アーカイブ: 2011年2月

およそ20年ぶりにサイクリング、疲れた。

土曜日の中山メインレースが予定通り11-15-3と決まり三連単をゲットしたので(こんなことはめったにないが)、少し気が大きくなっていたのかもしれない。

頑丈なお買い得品!だそうです。

夕方散歩をかねて近くのローソンに買い物に行く途中、日ごろお世話になっている自転車屋さんの前を通ったとき、「そうだ運動不足には自転車だ!」などとふい思い中古の自転車を衝動買いしてしまいました。

スポーツタイプのかっこいいヤツといわゆるママチャリの中間のような自転車で、店主いわく「とにかく頑丈に作ってあるから高校通学にも使えます。6段変則でライトも自動点灯だしオススメ!」とのことで、「三連単が4万3千円ついたし、まあいいか」といったところです。

早速日曜日の午後、近くの霊園までサイクリング。
といっても途中にアップダウンがありますが、たったの2km位の距離にすぎません。
まだ風は少し冷たいのですが、なかなか気持ちいいものです。
しかし、およそ20年ぶりの自転車なので足がガクガク、自転車を降りるとゼエゼエと呼吸が荒くなる始末。

「継続は力」のはずなので、毎日少しずつ乗りたいと思います。

それにしても、普段車で走っている道を自転車で走ると、「あれ、この道こんなに上り坂だったんだ!」とか「こんなところに喫茶店があるのか!」など意外な発見があるものです。

霊園には墓参りの人がちらほら。梅の花が咲いてました。

お年玉商品券でラーメン火山、満腹!

末娘がバイトの関係で正月にもらってきたお年玉商品券2000円。

しばらく書類の山に埋もれていましたが、日曜に片づけをしてて発掘。
有効期限を確認すると2月末までなので、これは使わなくてはいかん!と昼飯にラーメン火山へ。

このチェーンは宇都宮に本部があり、熱く焼いた鉄鍋に入った麺と具に、店員さんが客の目の前で「噴火しま~す」と言いながらスープを注ぎグツグツ、シュワーを演出する仕組み。
ランチ時にはラーメンにご飯と杏仁豆腐がつき、麺を食べ終わった後にご飯をスープに入れ雑炊風に食べさせる。
つまり、店主こだわりの味とかではなく、面白さと満腹感が売りなわけで、栃木や群馬にはけっこうあちこちにある。

噴火中の火山ラーメン

娘は、火山ラーメンとんこつ、小生はいつもの通り火山ラーメンしょうゆ。
しかしこれでは2000円にならないので、餃子を2皿追加し2150円。

いつもここで昼を食べると満腹感がしばらく続き、夕飯の時間が遅れる。
でも今日は月曜で7時過ぎからヨガ教室があるので、気にせずにたいらげた。

う~~ん、やっぱり満腹!

新・高崎図書館

駅に用事があっていく途中、街中を通ったら…。

出来てました、4月オープンの高崎図書館。
2月とは思えない陽光をあびて、きらきら光っていました。
ハコモノとしてはすごく立派!

というのも、これまでの旧図書館は高崎女子高校の校舎をそのまま流用したもので、学習室なんか実にみすぼらしいものでした。
書架は収めきれない本が縦横斜めに並び、あるはずの本があるべき場所にない、職員さえ「手狭で使いづらい」とため息を漏らす始末。
とても「37万中核都市」のライブラリーとは思えないような代物でした。

パン屋のオジサンも任期間際になって少しはまともなことを…などとシニカルに構えずに、オープンが待ち遠しいです。

ふろふき大根、ねぎ味噌…失敗しました!

数日前にいただいた巨大な大根。
8割をオデンにして、2割がたをさっぱりサラダと塩もみでいただこうかなどと目論んでいたのですが…。

直射日光のあたるところに置いたのが敗因でしょうか、今日になると瑞々しさがなくなり少ししなびたような状態になっていました。

仕方ないので、ふろふき大根に煮て酒の肴にしようと思いねぎ味噌にチャレンジ。
初めてのことなので、下記のサイトを参考にしました。

http://cookpad.com/recipe/240216

調味料の分量はいつもの通り「適当」。

フライパンで長ネギを炒め、ねぎ、みりん、砂糖、酒などを適当に放り込んでしばらくかき回していると旨そうな匂いが漂ってきます。
これは期待がもてる、ねぎ味噌はご飯にもいいし白身魚や湯豆腐にも合いそうなどと楽しみにしていたのですが。

結果は…。

巨大大根はじっくり煮たつもりですが筋がありとても固く、ねぎ味噌は砂糖が少なかったのか甘く芳醇な香り、とはいきませんでした。

酒肴は他にもまだらの刺身、厚揚げがあり、得意の砂肝の生姜炒めも作ったので不満はありませんでしたが、ねぎ味噌に関しては「捲土重来」を期したいと思います。

それにしても固い大根でしょっぱいねぎ味噌でした。

嗚呼、民主党!

現首相、前首相、前代表が入り乱れて国民不在の権力争い。

もう少し(少なくとも自民より)ましな人たちだと思っていたのだが。

笑えるビデオを発見。笑うしかない!

「とにかく一度」から「もうたくさんだ!」へ

うまくいくかわからないが、とにかく一度やらせてみよう!
前回の衆院選は、国民の多くがそんな感覚を持って投票したようだ。

結果は、政権交代につながった民主党の歴史的大勝利。

そして、ルーピー鳩山のたった一年で化けの皮がはがれ、菅政権に変わっても参院選で大惨敗、今またねじれ国会の中で身動きがとれずジリ貧のまま「3月危機」へ!
すでに、統一地方選は、民主党の大敗北が100%確定したようなものだが、だからといって自民党が返り咲き、渡辺の党がのさばりだすなんて!、とても我慢できない。

今の民主党は小沢問題などで内部抗争している場合じゃないと思うのだが…。
代表選で菅が勝った数ヶ月前に、引退させておくしかなかった。
今になって、おそるおそる及び腰で鈴をつけにいっても、「まだ何とかなるかな?」などと国民をなめ切っている老害ジジイどもは、どこまでもふてぶてしく生き延びようとする。
一度引退を表明したはずのルーピー坊まで、おっちょこちょいで不思慮の本領を発揮してあちこちで足を引っ張る発言を繰り返す。

小沢が真っ黒なことは国民の多くが感じている(直感的な市民感覚はあくまでも正しい)。
野党も政治資金規正法などの些事を攻めるのではなく、「なぞの15億円税金泥棒疑惑」をきちんと追及しろって!
こんな悪いヤツ、空前絶後、前代未聞だ!(言葉の使い方正しいかな?)

エジプトの政権崩壊は、アラブ諸国だけでなく東アジアの独裁国家や世界第2位の経済大国へ波及してもおかしくない。

こうなりゃ、日本もネットの影響力を背景に革命でも起こすしかないか!

騒乱が起こる前にFacebookの使い方をきちんと覚えとこう(笑)。

仕事の移動中にラジオの国会中継を聞いていて、そんなことを考えていました。

高崎 IZANAI、バー神戸、カラオケの夜

久しぶりに知人と痛飲しました。

正月以来、運動不足に加え飲みすぎと食べすぎ(最近なぜかお腹がへる)が続き、そろそろ体調管理が必要かなと思っていたところですが…。
3年来通っているヨガ教室もさぼらず毎週通い、そろそろプチ断食でも!、などと思っていたところですが…。

IZANAIの美味しい料理とお酒を前にすると、そんな脆弱な決意がもろくも崩れ去ってしまい、結局のところ2軒目で洋酒、最後の居酒屋カラオケではビールに酎ハイと、毎度おなじみのことに相成ってしまいました。

日曜はほどほどにして、「江」をまじめに見よう!

サスケ

20110212122422.jpg
同じ敷地内にある実家で買っているオス猫です(年齢不詳)。
数年前に実家の周辺では、通称「ウシ猫」というノラの家族が一族を形成し猫界に隆盛を誇示していました。
サスケはその一族の末裔で、「ソラ」という名前のいとこにあたるメス猫と一緒に実家に住み着いています。
もとノラだけにあまり人になれないのですが、食べ物をやるときだけ小生になついてきます。

NextGen GalleryでPHOTOギャラリーに挑戦してみた。

WordPress定番の写真プラグイン「NextGen Gallery」でPHOTOギャラリーに挑戦してみた。

やってみれば使い方は意外と簡単。

「NextGen Gallery」をwordpressにインストールし、携帯から落とした写真をディレクトリに分類。

あとはダッシュボードから参照・インポートするだけ。

高崎にも初雪?でも半日で消滅!

群馬と栃木、茨城などいわゆる北関東がどこにあるのかわからない、または3県が識別できない人はけっこう多い。
あるいは、「群馬って東北地方の一部ですよね!?」などと思っている人から、「高崎ですか?雪で大変でしょう」などと言われることが良くある。

しかし実際は、小生の住んでいる高崎(群馬県の平野部)にはほとんど雪が降らない。

西高東低の気圧配置の元、大陸から吹いてくる冷たい風は本州の背骨に当たる高い山にぶつかり、日本海側に雪雲を発達させる。
大雪を降らせたあと、山を越えてくる北関東にやってくる風はすでにからからに乾ききっている。
冷たい冬の風だが、すでに雨も雪も降らせる余力を失ってしまっている。
地元ではそんな乾いた風を、「赤城降ろし」などと呼び、「カカア殿下と空っ風」などといい、群馬の風土的な特徴としている。

そんな高崎にも、昨日の朝方4時頃から雪が降った!

初雪だ!

通勤通学の時間帯はなれない降雪に苦労した人もいたようで、10時半のアポイントがあった小生も、「何だかいやだな~。約束するんじゃなかった」などと思っていたのですが。
中には珍しい降雪を見込んで、学校をずる休みしようなんて計画している不届きモノ(我が家の娘)もいたりして、雪の降らない地域での降雪は、ちょっとした「非日常」を現出させる。
豪雪に苦しんでいる方々には申し訳ないが、久しぶりに感じる雪の感触に、少しばかり興奮も覚えたりしてしまうのだ。

しかし午後になって空が晴れ上がり、小春日和のような陽気になると、少しばかり積もった雪は跡形もなく消えてしまった。
昨日までの景色と、何ら変わるところはない。

地盤が固く地震に強い、最近浅間山は静かで火山のリスクもさしあたり感じない、大雪も降らない、気になるのは静電気だけ、などという群馬の平野部に住んでいる民は、天変地異に対しどんどん弱くなっていくのではないか?、などと思ってしまうのでした。