アンドレ・ブルトン!やっぱりわからん!


最近やたらとペダンティックな世界に親しんでいまして…。

「ソフィーの世界」という読み物風の哲学史を読みました。
結構面白かったので、前から一度は挑戦してみたかったアンドレ・ブルトンを読み始めたのですが。

正直なところまったく理解不能です。
「自動書記」というかたちで、内面の無意識から迸るイメージをそのまま言語化した(つまり自由奔放に語られるイメージを書き留めた)とのことですが、物事を理屈でしか把握できない凡人の頭には文字通りシュールすぎます。

?章を読み終わったところで、何も頭に残らない始末。
訳者も、難しかったら解説から読め!と言っているので、邪道ですがそうすることにしました。

【ご相談・お見積もり無料】お気軽にご相談ください!
株式会社フェアマインドではFileMakerを活用した各種業務を手がけています。
  • 業務系システム開発
  • iPhone/iPad向けアプリ開発
  • 基幹系システムと連動したサブシステム開発
  • 業務改善ITコンサルティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください