月別アーカイブ: 2007年3月

草津・嬬恋・つつじヶ丘温泉・浅間隠し…

6日は朝から草津へいきました。
観光でなく仕事なのがいまひとつ寂しい。
火曜日とはいえ結構観光客が多く、「さすが草津!」と感心しました。
商工会の会長さんと1時間ほどお話をして、一応湯畑を車に乗ったまま見て、道の駅で昼食。
「山菜そば&焼きおにぎり」を食べましたが、山菜そばはまずまずでしたが、220円のお焼きおにぎりはものすごくまずい代物でした。
これじゃコンビニのおにぎりのほうが数段おいしい、と思いましたが残さずいただきました。
午後の嬬恋村へは、いつもの道ではなく裏道を使いましたが、途中浅間が雄大に見えるスポットがあったのでパチリ!
この時期の浅間に山肌が見えるなんて、地元の人も言ってましたが暖冬、雪不足は深刻なようです。
雪の変わりに、花粉なのか黄砂なのか?、しばらく車を止めておくと窓ガラスやボディが白く汚れてしまうほどでした。
嬬恋での一件目の仕事を終えたところで1時間ほどあき時間ができたので、たまには自分へのご褒美にと「つつじヶ丘温泉」というところに行ってみました。
露天や岩盤浴もあり、結構リラックスできました。
泉質もけっこうよかったです。
もちろん、時間があれば「とりあえず生ビール」となるのですが、次の打合せがあり車でもあるのでここはグッと我慢、ジョッキ牛乳なるものを飲んで済ませました。
嬬恋から高崎への帰り道も、いつもとは違う浅間隠し温泉郷の近くを通る道を走ってみました。
普通車しか通れないということですが、途中特に難所も無く車もほとんど通らないので時間的にはかなりショートカットになります。
途中、温川を左手に見てヤマメ君のことを思いながら帰ってきました。

子供がついにインフルエンザに…

土曜日から次女が高熱を出した。
何でも38度7分あるとかで、フウフウ言ってつらそうだった。
小生はあいにく夜まで仕事場にいたので、8時ころ家に帰ってから気づいたのだが、とりあえずその日は医者に連れて行くことはできなかった。
さて翌日は日曜日。
休日当番医を調べたらすぐ近くの普段かかっている内科医だったので、気軽な気持ちで午後の診察が始まる3時頃に行って見ると、駐車場は車でいっぱい、待合室も満席という盛況ぶりだった。
待っている間も、次から次へと患者がやってくる。
患者さんたちは皆つらそうな顔つきでうつろな目をしていて、その空間にしばらくいるだけでこっちまでCatch a Coldしてしまうのではないか、という空気が漂っていた。
結局3時間ほどかかり、診察終了の連絡が来たのは夕方の6時近くのことだった。
薬は例のタミフルも含め数種類出されたが、診察代が〆て4,000円もかかったのには驚いた。
少し興味があったので、予防にタミフルを飲んで見ようかと思ったのだが、何となく不謹慎なので自重。
娘は「薬を飲んだら体がふわふわ宙に浮いている感じがする」といっていたが、月曜日になってみると熱もほぼ平熱に戻っていた。
さすが我が家の娘達、体だけは強靭なようだ。
結局、バイトに明け暮れ、バイトが休みの日は朝から晩まで遊びまくっているからそんなことになるのだという総括で、我が家のインフルエンザ騒動も終わりそうな様子。
ひとまず、よかったことにしておこう。