健康経営のための遠隔健康指導システム


社員の健康管理は企業の責任!
個人任せから、健診データを活用した健康経営へ。
遠隔地の社員にも、保健師による指導が可能です。

人材不足の近年、「健康経営」は企業の重要テーマとなり、社員の定期健診結果の一元管理化や再検査促進等の健康指導は、欠かせない課題となっています。

本システムは、保健師による対面での健康指導だけでなく、動画通話機能により遠隔地社員への健康指導もサポート、企業全体での健康増進に寄与します。

保健師による遠隔健康指導

保健師による遠隔健康指導

保健指導対象者一覧

保健指導対象者一覧

指導スケジュール画面

指導スケジュール画面

Point1 様々な形式の健診データを統合管理します

医療機関によって形式の異なる定期健康診断結果を、ワンボタンで取込み可能!
5年分のデータを統合管理し、重要指標の推移を経年で比較することができます。

Point2 わかりやすい健康管理基準設定

社内で設定した健康管理基準(メタボ指標等)に基づき、要注意者をイエローカードで表示!

Point3 簡単操作でご利用可能です

タッチパネルでログインとシステム操作が可能、簡単な操作性

Point4 保健師の指導管理をサポート

保健指導日や指導時間をスケジュール管理し、メールなどによる注意喚起機能も備えています。

Point5 社内の意識向上に

再検査指導機能や再検査を促す文書発行機能(本人宛・上司宛)を備え、健康管理風土の醸成に貢献します。

 

遠隔健康指導システムのカタログをご希望の方は、Downloadボタンをクリックしてください。
PDFファイルが開かれますので、名前をつけて保存してください。

downloadbt

【ご相談・お見積もり無料】お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら